REGULAR【連載】

20160604-01

 

 このモナコGPとカナダGPの間のインターバルを利用して、東京で眼科に行って来ました(上写真の見晴らしの良い眼科です)。ちょっと前から気になっていた、コンタクトレンズのチェックです。

 

 僕はずっとハードレンズを使っているんですが、いま使っている某S社のモデルにしてから、使っているうちに合わなくなってくるんです。最初はバッチリクッキリ見えているのに、半年とかするとぼやけてきます。

 

 最初は視力が悪くなったのかなぁ?と思っていたのですが、眼科で診てもらったら目の視力は変わっていなくて、問題はコンタクトレンズの方。レンズのカーブ、つまり眼球に合わせて設計された曲面の形状が変形してしまって、度数が合わなくなっていたんです。

 

 眼科で診てもらったら、今回もやっぱりそうでした。最初は1.2あった視力が、レンズが合わなくなったせいで0.8くらいまで落ちていると。

 

 ハードレンズって普通は2年くらい保つものなので、半年でおかしくなられちゃ困ります。それがいつものことで、これでもう3回目くらい。行きつけの眼科も、結構患者さんが多くて待ち時間が長くて、1回行くだけで1時間半は覚悟しなきゃならないし。

 

 購入から1年間は保証が効いて、無料で交換してくれます。今回も交換してから半年くらいしか経っていなかったので、まぁ無料で新品に交換できるならいっかという軽い気持ちだったのですが、なんと、「交換から1年」ではなく「買った日から1年」なので、今回は有料と。左右両方で3万円。

 

 え〜〜〜〜! 高っ! 実質1年しか使えないのに3万は高っ!

 

 というわけで、どうも納得できなかったので、新品が届いたら古いのをメーカーに送って検査してもらうことにしました。なぜ毎回毎回そんなに簡単に変形してしまうのか、理由を知りたいですからね。

 

 実はカメラも撮像素子に原因不明の不具合(撮像できない素子)が出てしまって、これが飛行機に乗る際のセキュリティチェックのX線の影響か、もしくは飛行機自体の放射線の影響じゃないかという話でした。コンピュータも、2年くらいで買い換えないと少しずつガタが出てきます。これも飛行機に乗ったり日常的に持ち歩いたりということで、普通に自宅で使うのに較べて大きな負荷が掛かるせいだと言われています。移動が多いと、どうしてもそういう謎の事象が起きてしまうんです。コンタクトレンズもそうなのかなぁ。

 

 検査の結果、もし理由が分からないとか製品に不具合があるということなら、今後は使い捨てレンズにしようかなぁ。ハードレンズだと、海外にいる時に落としたり壊したりしたらどうしようっていう不安はありますからね。使い捨てなら1枚余分に持っていればいいだけだし。コスト的に使い捨ては敬遠していましたが、どうせハードレンズでも1年で3万円もかかるなら、使い捨ての方が使い勝手が良いですからね!

 

(text and photo by 米家 峰起)

 

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2022年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930