REGULAR【連載】

20160220-01-MGP

 

 2014年の新規定導入以来、メルセデスAMGのパワーユニットがF1を席巻しています。高いパフォーマンスを実現する原動力になったのが、ターボのタービンとコンプレッサーを前後に分けて配置したことだといわれています。

 

 これによりMGU-Hのパフォーマンスと発電効率を高めることができたとされていますが、タービンとコンプレッサーを離すことでその間をシャフトで繋がねばならず、これは一般的な技術的見解からは無謀だというアイディアでした。実際にルノーもこれを検討したものの、技術的困難さを考慮して却下したといわれています。

 

 そんな中でメルセデスAMGがこの困難な分割ターボを選んだのは、不可能だと考える理由がなかったからだといいます。メルセデスAMGハイ・パフォーマンス・パワーユニットのパワーユニット開発責任者、アンディ・コーウェルはこう語ります。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jul    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031