REGULAR【連載】

20151207-01

 

 先週末にパリで行なわれたFIAの年間表彰式で、各選手権のトップ3に混じって3つもの賞を受賞したのがマックス・フェルスタッペンです。17歳という圧倒的史上最年少でF1デビューをして賛否両論ありましたが、最終的にはいっぱしのドライバーとして認められたわけです。

 

 受賞したのはルーキー・オブ・ザ・イヤーと、モータースポーツ界で顕著な働きをした人物に贈られるパーソナリティ・オブ・ザ・イヤー、そしてオーバーテイクなどの上手さが評価されてのアクション・オブ・ザ・イヤーです。パーソナリティ賞はエントラントやジャーナリストなどFIA選手権関係者が自由投票を行ない、最終的にはフェルスタッペンやルイス・ハミルトンなど3名の決選投票で選ばれたものです。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« May    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930