REGULAR【連載】

20140711-02

 

 イギリスといえば、ヨーロッパの中でEUに加盟していなくて通貨がユーロではなくポンドだし、シェンゲン協定に加盟していないので国境のイミグレーションも面倒です。

 

 ヨーロッパ各国はシェンゲン協定というのに加盟していて、国境での入国審査が必要ないんです。というか、もう国境という概念そのものがほとんどないような状態で、道路を走っていればいつの間にか国境を越えていたり、飛行機で隣の国に飛んでも国内線と同じ扱いでパスポートチェックもありません。

 

 入国スタンプもシェンゲン加盟国に最初に入るときと最後に出るときに押すだけで良いので、助かります。

 

 こういう仕事をしていると頻繁に各国を飛び回りますので、パスポートのスタンプのページがどんどん減っていってしまいます。パスポートは増補といって1度だけページを増やすことができるんですが、それをしても5年とか10年のパスポートの有効期限前に使い切ってしまいます(涙)。

 

 日本の出入国の時は自動化ゲートを使って、少しでもスタンプは押さないようにしていますが、それでもどんどんページは減っていってしまいます。しかも、そうやってページを節約しているのにビザを取ると1ページど〜んと使われちゃったりするし(苦笑)。

 

 スタンプが多いとパスポートの有効期限まで使えないだけじゃなく、国によっては入国審査の時に「こんなにあちこち行ってて怪しい!」となる場合もあります。今年のオーストラリアの税関がそうでしたね(涙)。

 

20140711-01

 

 とはいえ、日本のパスポートはほとんどの国にビザなしで入国できますし、某お隣の数カ国のパスポート保持者とは違って入国審査でもすんなり通れることがほとんどです。一般的には厳しいとか言われるイギリスの入管だって、「F1見に来ました〜!」って元気に答えれば全然オッケーです。

 

 日本に生まれて良かったなぁって思いますよ。こういう日本の国際的立場を築き上げてくれた先人たちに感謝です。

 

(text and photo by 米家 峰起)

 

 

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« May    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930