F1リアルスコープ

 

 スプリントレース週末の2023年USGPでは、2台のマシンがレース後車検でプランクの厚みが9mmに満たず失格となりました。元々10mmの厚みがあるプランクですが、走行中の路面との摩擦による磨耗が1mmまでは誤差として許容されているものの、それ以上に磨耗していると車高が低すぎるということで失格となってしまうわけです。

 

 フロア中央部にはプランクと呼ばれるレジン製の10mm厚のプレートが取り付けられ、これによってフロア自体は最低でも地上高が10mm以上になるよう制限されています。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • unicorn712
    • 2024年 1月 25日

    レッドブルはCOTAで失格にならないようすべきことをやっていたんですね。メルセデスとフェラーリから失格が出てしまったのは驚きでした。抜き打ち検査のマクラーレンとレッドブルは大丈夫でしたのに。

      • MINEOKI YONEYA
      • 2024年 1月 29日

      FIAはセッティングシートもテレメトリーデータも見ているので、ヤバそうなマシンは分かりますからね。チームは分かっていてももうセッティング変更できないし。。。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2024年2月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829