REGULAR【連載】

20140529-01

 

 海外に行く時には必ず持っていくものというものがいくつかあります。基本的には必要なものが出て来れば現地で買えばいいので現地で買えないものだけ持っていくことにして荷物は極力減らすというのが僕のポリシーなので、仕事は別にして生活編の旅のマストアイテムとなると、歯ブラシとか耳かきとか、コンディショナーとか。

 

 で、火曜の夜にホテルに着くなり「失敗したなぁ」と気付きました。

 

 今回のモナコGPでは、ニース空港の前のホテルに宿泊しました。ターミナルから徒歩3分の超便利な立地です。さらに反対方向に3分歩けば電車の駅があり、モナコに行くのにも便利。

 

 なのですが、今年は全体的にホテル価格が高めだったこともあって、去年よりも同じエリアの中にあるホテルの中で1ランク下のホテルにしました。それでも金曜から日曜までは1泊100ユーロ(約1万4000円でしたが……)。

 

 で、そこまでは良かったんですが、ホテルにチェックインしてバスルームを見ると、アメニティがない! 石鹸しかない! そうなんです、ランクの低い2つ星くらいのホテルになるとシャンプーとかボディソープとかが用意されていなくて、普通の石鹸が1個だけしかないなんてことがあるんです(日本のホテルじゃまず考えられませんけど)。

 

 それでどうしたかって? しょうがないから石鹸で洗いましたよ、髪も身体も! まぁ自前のコンディショナーがあったからまだ良かったんですが。

 

 空港ホテルなので周りにスーパーマーケットもないし、モナコで旧市街の崖の裏側のフォンビーユにあるカルフール(大型スーパー)に行ってシャンプーとボディソープを買おうと思ったものの、仕事が忙しくて買い物に行く余裕もなく……。半日遅くやってくる同僚に途中の乗り継ぎ空港でトラベルキットみたいなのがあれば買って来てくれと頼んだものの売っておらず、結局最終日まで石鹸で乗り切りました……(幸いにして石鹸は毎日補充されたので良かったですが)。

 

 で、帰りに空港のチェックインエリアでその手の商品を扱う自動販売機があるのを発券したんですけどね(苦笑)。なんだよ〜、知ってれば夜でも買いに来たのに〜。

 

 というわけで、次からはホテルのランクをちゃんと調べて、場合によってはシャンプーとボディソープも持っていきたいと思います!(ちなみにモントリオールもホテルが激高なので、ケベック大学の寮に宿泊します!)

 

(text and photo by 米家 峰起)

 

 

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。