RACE【レース】

 

 2021年第14戦イタリアGP決勝の優勝争い以外にフォーカスして戦略分析を行なっていこう。

 

 全マシンのトップからのタイムギャップをグラフ化すると以下のようになる。一番上がトップ走行ドライバーで、下に行くほどギャップが大きくなる。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • unicorn712
    • 2021年 9月 20日

    バルテリ・ボッタスは金曜の時点で最後尾グリッドスタートを決めていたため、オーバーテイクがしやすいようにダウンフォースを削る方向のセットアップと、テールトゥノーズ状態で長時間の走行が可能なように冷却容量に余裕を持たせた冷却パッケージを採用していた。それだけに予選でハミルトンを上回るタイムを見せたのは驚異的だ。

    グランプリニュースでもこの話見ました。来年が決まって、ボッタスは吹っ切れてんですかね。キレのあるころのドライビングに戻った気がします。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年10月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Sep    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031