RACE【レース】

 

 2021年第10戦イギリスGP決勝は、ポールポジションのマックス・フェルスタッペンと2番グリッドのルイス・ハミルトンが1周目から激しい攻防の末にターン9で接触し、フェルスタッペンがリタイア。ハミルトンは10秒加算ペナルティを科され、赤旗中断の後に首位シャルル・ルクレールを追いかけ、残り3周で逆転して地元優勝を掴み取った。

 

 そんなイギリスGP決勝の全ドライバーのレースペースを比較することで分析していこう。

 

 全ドライバーの全ラップタイムをグラフ化すると以下のようになる。参考値として昨年のシルバーストンにおける2連戦のうち、今回と同じC1〜C3のタイヤが使われた2020年イギリスGPの優勝者ルイス・ハミルトン(紫色)のタイムも併記しておく。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Aug    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930