1. HOME
  2. RACE【レース】
  3. 2021
  4. 【2021 Rd.8 STE】徹底分析①:各車がペースを抑えてタイヤマネージメント、プッシュすべき場面でできなかった角田裕毅【決勝ペース】
2021

【2021 Rd.8 STE】徹底分析①:各車がペースを抑えてタイヤマネージメント、プッシュすべき場面でできなかった角田裕毅【決勝ペース】

2021

 

 2021年第8戦シュタイアーマルクGP決勝は、ポールポジションのマックス・フェルスタッペンが2位ルイス・ハミルトンを寄せ付けず独走優勝。3位をセルジオ・ペレスとバルテリ・ボッタスが争ったが、ペレスは1回目のピットストップで2秒をロスしてボッタスの先行を許し、2ストップ作戦に切り替えたものの僅かに届かず4位で終わった。

 

 そんなシュタイアーマルクGP決勝の全ドライバーのレースペースを比較することで分析していこう。

 

 全ドライバーの全ラップタイムをグラフ化すると以下のようになる。参考値として昨年のレッドブルリンクにおける2連戦のうち、今回と同じ1戦目であり気候コンディションが似ていた2020年オーストリアGPの優勝者バルテリ・ボッタス(紫色)のタイムも併記しておく。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。