RACE【レース】

 

 アゼルバイジャンGPの予選では、Q3の最後に赤旗が提示されて2回目のアタックができず、1回目のアタックラップでシャルル・ルクレールのポールポジション獲得が決まった。

 

 ルクレールはターン16から先でアタックに入る直前のルイス・ハミルトンの2.0秒後方でスリップストリーム効果を得て最高速を331km/hまで伸ばし、単独走行で325km/hのカルロス・サインツに比べて0.258秒をゲインした。

 

 ルイス・ハミルトンはバルテリ・ボッタスの2.0秒後方で333km/hまで伸ばし、単独走行の323km/hのボッタスに比べて0.515秒をゲインした。ただしハミルトンはボッタスよりも薄いシングルピラーのリアウイングを選択しており単独走行でも327km/hとボッタスより4km/h速く、0.515秒の差にはこのウイング自体のドラッグ差も大いに含まれるため、実際のスリップストリーム効果はそこまで大きくはないだろう。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jul    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031