RACE【レース】

 

 イモラ・サーキットの路面はタイヤに厳しくはなく、どのコンパウンドもそれなりに保つ。そしてピットレーンが長いためピットロスタイムが25秒+静止時間ほどと長い。さらにはコース上でのオーバーテイクが難しくトラックポジションが重要となることから、基本的にどのマシンも1ストップ作戦を採ることになる。

 

 ソフトタイヤは速く、ライフも長いものの、燃料が重い状態でプッシュするとグレイニングが発生して性能が低下する。グレイニングが収まれば性能が回復するものの、金曜よりも寒くなる日曜のコンディションでグレイニングがどのくらい発生するか、回復までにどのくらいの周回数がかかるかは未知数だ。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年5月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Apr    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31