RACE【レース】

 

 2020年の第12戦ポルトガルGPは、新舗装路面のコンディションが悪かった上に持ち込まれたタイヤが硬くてウォームアップが難しく、さらにFP2がピレリのタイヤテストで30分占有された上に2度の赤旗でショートランもロングランも本格的な走行がほとんどできないまま終わってしまった。そのためどのチームもデータ不足のまま予選・決勝に臨むこととなり、未知の部分が多いレースになった。

 

 その中でメルセデスAMG勢とシャルル・ルクレールだけがミディアムタイヤでスタートし、ハードタイヤに交換して1ストップ作戦。レッドブルのマックス・フェルスタッペンをはじめとした他のQ3進出組はソフトタイヤスタートでグレイニングに苦しむこととなった。

 

 そんなポルトガルGP決勝の全ドライバーのレースペースを比較することで分析していこう。

 

 全ドライバーの全ラップタイムをグラフ化すると以下のようになる。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Oct    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30