RACE【レース】

 

 2020年の第4戦イギリスGPの金曜フリー走行は、気温34.5度、路面温度49.2度という想定以上の暑さに見舞われたことによって、各車ともタイヤの扱いに苦しんだ。さらには時折強い風が吹き、風向きが変わることによってマシン挙動は不安定なものとなった。

 

 そして各車が新品ソフトタイヤでアタックに入ったところにアレクサンダー・アルボンのクラッシュによる赤旗の影響もあり、タイムシートは本来の実力を反映したものとはなっていない。マックス・フェルスタッペンは新品ソフトの計測1周目にベケッツでロマン・グロージャンに引っかかってタイムを出せず14位。FP1ではトップタイムを記録したものの、ルイス・ハミルトンやレーシングポイント勢はミディアムタイヤであり、バルテリ・ボッタスはソフトタイヤとは言えP140タイヤであり最初の40分間でたまたま記録したものでしかなく、実力通りの結果とは言えない。

 

 しかしFP2で行なったロングランのペースを見れば、現時点でのおおよその実力が分かる。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (4)
    • jian
    • 2020年 8月 01日

    特別記事:フリー走行、と合わせて読むと面白いですね。なんとなくレッドブルに改善の兆しがあるように思えるも、結局合わせ込んでくる銀矢が不気味な昨今。ヒュルケンベル頑張!

  1. 獅子44
    • 獅子44
    • 2020年 8月 01日

    サーキットのミニセクターと表が1つになってて見やすいぃいやぁたまらんです

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jul    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31