RACE【レース】

 

 2020年開幕戦オーストラリアGPでの『レーシングポイントRP20』のディテール写真集から、『F1LIFE』の注目ポイントを解説しておきましょう。

 

 フロアを見ると、コークボトル部①のリアカウルがいかにコンパクトになっているかが分かります。リアタイヤ前方のフロアの平面部分②が非常に広いとも言えます。

 

 この写真にははっきりと写っていないものの、ギアボックス下のフロア③をえぐってコークボトル部からそこに気流を流し込み、大きく跳ね上げてディフューザー効果を高めるというのが現在のトレンド。しかし前傾姿勢のゆるやかなメルセデスAMG型のローレイクコンセプトで作られているRP20は、この部分のえぐり込みがそれほど強くはないように見えます。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • w0fu1sg6
    • 2020年 5月 12日

    7枚目のベンツに脳が溶けてしもた。。。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年5月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Apr    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031