RACE【レース】

 

ーーブラジルGPはホンダの1-2フィニッシュという結果になりました。

「本当にエキサイティングなレースで、特に最後のマックスのピットストップはシビれました。最初は僕も『えっ!?』と思ったけど、あらゆる部分で戦略をビシッと決めたのもすごいし、メルセデスAMGと較べても戦略がしっかりと決まって常に先手を打てていましたから。それをドライバーとして生かすマックスの力強い走り。それが勝利に繋がったと思うし、トロロッソが2位に入ってくれてホンダとして1-2を獲れたことは本当に誇りに思います」

 

ーーこんな結果になると想像していましたか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • tonsukesan2
    • 2019年 11月 18日

    取締役会の判断に、勝利数は全く影響しないということですね。

    • 3Blackcats
    • 2019年 11月 19日

    つい最近まで「市販車の将来は電気自動車しかない」なんて雰囲気だったのが、ライフサイクルでCO2排出量を評価する「LCA(Life Cycle Assessment)」が重要視されて「エンジン重要!」なんて雰囲気に(あっという間に)変わってきてますね。

    想像ですけど、F1で会得した「新しい燃焼コンセプト」とスペック3ターボやMGU−H、MGU−Kを使って、将来、進化したダウンサイズ・ハイブリッドエンジン(≒PU)が出来ていれば、競合各社からホンダに「小型軽量+高出力PUのOEM提供依頼」が殺到するかもしれませんよね。その時、ようやく「本当にF1やってて良かった」と思えるかも。

    燃料も(CO2トータル排出量を考えると)「植物由来やバクテリア由来」の燃料が主流に変わっているかもしれません。

    その時は案外近い、とメルセデスは考えているのではないでしょうか。だから、巨額コストかけてF1PUの開発設計+仕様決め。ついでにF1エンジン載せたハイパーカーを市販して、何度も優勝して、せっせとコスト回収。(ひょっとしてLCAの考え方もメルセデスの政治力だったりして?)

    「新しい燃焼コンセプト」は、ひょっとしてホンダジェットの燃焼効率も画期的に改善してしまう、なんてことが起きるといいなぁ。

    どうか「ホンダF1」続けてもらえますように!

    ホンダの皆様、「1-2フィニッシュ」おめでとうございます!

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Nov    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031