RACE【レース】

 

 第16戦ロシアGPではスタートでポールポジションのシャルル・ルクレールと3番グリッドのセバスチャン・フェッテルがチームプレイでルイス・ハミルトンを抑え込んでスリップストリームを使わせず、フェラーリが1-2体制を手中に収めた。

 

 フェッテルがルクレールのスリップストリームを使ってトップに立ったか否かで両ドライバー間でポジションスワップに関して意見が分かれるが、フェラーリはピットストップで順位を入れ換え。そのまま1-2フィニッシュなるかと思われた矢先にフェッテルのマシンにトラブルが発生し、コース脇にストップしたことでVSCが出てこの間にメルセデスAMG勢がピットイン。これで大きくゲインしてハミルトンが首位に浮上し、そのまま優勝を飾った。

 

 パワーユニット投入で5グリッド降格とピットレーンスタートのレッドブル・ホンダ勢は4位・5位まで挽回するのがやっとで、中団グループ最上位の6位は堅実なレース運びのカルロス・サインツ。それにセルジオ・ペレス、ランド・ノリスが続き、同じくグリッド降格ペナルティを受けたトロロッソ・ホンダ勢は12位・14位に終わった。

 

 そのロシアGP決勝の全ドライバーの全ラップタイムをグラフ化し、各マシンのペースを分析する。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年10月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Sep    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031