RACE【レース】

 

 2019年の第10戦イギリスGP決勝はどのような展開になるのか、フリー走行2回目に各チームが行なったロングランデータを元にレース戦略を事前予想してみよう。

 

 今回のイギリスGPには最も硬いアロケーションのソフト(C3)、ミディアム(C2)、ハード(C1)が持ち込まれている。高速コーナリングが多いシルバーストンに対してできるだけピットストップを少なく、性能変化を小さくするためのアロケーションだが、それでも1ストップで行けるかどうかはギリギリの線だと言える。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • H I R O
    • 2019年 7月 14日

    よねやんおはようございます
    日本は現在朝9時です
    深夜まで本当にお疲れ様です

    RedBull、フランスGP以降のアップデートが上手く機能しているようで
    Mercedesとの差が縮まってきましたね
    さすがRedBullという感じです

    決勝、上位ではFerrariだけがソフトスタートというのが
    とういう意図なのか非常に興味深いです

    1STOPにせよ2STOPにせよ、いずれFerrariは早めのピットインでしょうから
    レース後半はMercedes vs RedBullと予想しています

    • w0fu1sg6
    • 2019年 7月 14日

    気温と路面温度がカギかあ。
    こりゃあエンジニア、シミュレーションしまくって眠れんなあ・・・。

    • girime
    • 2019年 7月 14日

    ピレリが土曜からリアの最低内圧上げたのはどういう理由なんでしょうか?

コメントするためには、 ログイン してください。