RACE【レース】

 

ーースペインGP決勝はマックス・フェルスタッペンが3位表彰台を獲得しました。

「ソリッドな週末だったと思う。我々はマシンのポテンシャルを最大限に引き出すことができたし、マックスの1周目のドライビングも本当に素晴らしかった。アグレッシブな戦略を採ったが、今日の我々にはフェラーリを打ち破るだけの速さもあった。8〜9週間前にここで行なわれた開幕前テストでの結果を考えれば、これだけマシンのパフォーマンスを引き上げ上位とのギャップを縮めてきたことには勇気づけられる。ここからさらにメルセデスAMGとのギャップを縮めることに集中していかなければならないね」

 

ーー開幕戦以来2度目の表彰台獲得です。前回と比べてどんな意味があるでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • toukeidou
    • 2019年 5月 19日

    スペック2が、実質スペック1.5だとか巷間言われておりますが、それでは本来の「スペック2」はいつ出すつもりだったのと思います。カナダGPあたりでしょうか。高信頼性のスペック2は、高馬力に対応するための高耐久性の部分だけを取り出したものなのかな。だったら、第7戦から第9戦までぐらいの間にスペック3が欲しいですね。最近のフェルスタッペンの発言を聞いてると、「はよ、次出せや」と言っているように聞こえます(笑)。

    次は、ICE以外の部分のアップデートも含んでいると期待しておりますが、ホンダから聞き出すのは無理っぽいので、誰かマルコさんあたりに取材に行ってくれませんか(笑)。

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2019年 5月 20日

      ドクターマルコも日本人からの取材では警戒してエンジンのことは話さなそうなので、ドイツ人にでも頼んでみますかね。。。
      スペック2は馬力云々ではなく、単純に前からあった懸念に対応したものですね。
      本当は本来のスペック2投入時に入れるタマだったはずが、中国GPのトラブルがあったので前倒しで入れることになったわけで。
      本来のスペック2はスペインGPあたりをターゲットにしていたのではないかと思います。ドライバーからパワーに関する不満の声は聞こえてこないけど、早く欲しいのは確かでしょうね。カナダ〜イギリスあたりで入るのは確かだと思いますが……。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031