RACE【レース】

 

 USGPはポールポジションのルイス・ハミルトンがスタートで出遅れ、2番グリッドのキミ・ライコネンが首位に浮上。ハミルトンは10周目のVSCでピットインを済ませて2ストップ作戦に切り替えるが、タイヤのブリスターに苦しみライコネン、後方から追い上げたマックス・フェルスタッペンには追い付けず3位。ライコネンが2台を抑え切って2013年オーストラリアGP以来の優勝を飾った。

 

 中団グループではルノー勢がトップを走り、その後ろでフォースインディア勢とケビン・マグヌッセンが争うがエステバン・オコンとマグヌッセンは燃料規定違反で失格。これにより最後尾スタートのブレンドン・ハートリーが繰り上がりで9位、マーカス・エリクソンが10位という最終結果となった。

 

 実際に誰が速かったのは誰なのか、実際の各車のパフォーマンスがどうだったのか、レースペースと戦略を詳細に分析することであぶり出してみよう。

 

 USGP決勝のラップタイムを表にすると、以下のようになる(横軸が周回数、縦軸がラップタイムで上に行くほど速い)。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930