RACE【レース】

 

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、FP-3でスペック2パワーユニットのMGU-H似トラブルが発生し、予選ではモナコGPで使ったスペック1に戻して戦ったものの、決勝ではスペック2へ再交換して戦った。

 

 パルクフェルメ規定によればこの場合はピットレーンスタートとなるはずだが、今回のガスリーは3グリッド下がっただけの19番グリッドからのスタートが認められた。その裏側ではちょっとした事件が起きていた。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« May    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930