RACE【レース】

 

 スペインGPで中団グループのトップに立ったのはハースだった。ケビン・マグヌッセン(グレー色・細線)は最初から最後まで単独走行で“3強に次ぐポジション”を守り続け、1台が潰れたことで6位でフィニッシュした。もしロマン・グロージャンが生き残っていればこちらも7位でフィニッシュしていたはずだ。そのくらい他チームとの差は大きかった。

 

 マグヌッセンはレッドブル勢同様にできるだけ第1スティントのソフトタイヤで引っ張り、残りの周回をミディアムで走り切るという安全策。これを見る限りでは、レース前半は後方のペースを見ながらタイヤを労って走行していたものと見られ、実際にはペースに余裕を持ってレースをしていたことになる。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« May    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930