RACE【レース】

 

 FIA F2のバルセロナラウンドのレース1で牧野任祐はスタートで7番グリッドから8位に後退。オプションタイヤ(ソフト)でスタートしてできるだけ引っ張る予定だったがタイヤをロックさせてしまい14周目という早い段階でタイヤ交換を強いられ、プライムタイヤ(ミディアム)のペースが上がらず苦戦して最後はフレッシュなソフトタイヤに換えて追いかけて来たチームメイトに8位を奪われた。

 

ーー7番グリッドからスタートして1周目は8位で戻ってきました。

「スタートは普通だったんですけど1コーナーで3ワイドで入っていって行き場がなくなってしまって。あれは仕方ないかなとは思いますけどね。ただ13コーナーでシフトダウンができなくてオーバーシュートしてしまったんで、それは不要でしたね。シフトパドルをカチカチ操作したんですけど落ちなかったんです。その後のオプションのスティントはバランスがそんなに悪くなかったんですけど……」

 

ーーオプション(ソフト)スタートという戦略は上位勢を見て逆を選んだ?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jul    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031