RACE【レース】

20180329-00

 

 オーストラリアGPは予選でルイス・ハミルトンが圧倒的な速さを見せレース序盤をリードしたが、セーフティカーでセバスチャン・フェッテルが逆転して勝利を収めた。

 

 レース序盤はハースが中団グループのトップを走ったが、ピットストップのトラブルでリタイアするとレッドブルのダニエル・リカルドが4位、フェッテルと同じくセーフティカーで浮上したマクラーレンのフェルナンド・アロンソが後続を抑え切って5位を獲得したが、トロロッソ・ホンダは最下位のままレースを終えた。

 

 セーフティカーによる波乱で勢力図が結果に正しく反映されなかったが、上位勢そして中団グループの純粋なパフォーマンスはどうだったのだろうか?

 

 まずはオーストラリアGPの予選から各マシンの純粋なパフォーマンスを詳細に分析してみよう。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。