RACE【レース】

20180322-04

 

 バルセロナ合同テストにおけるレースシミュレーションで、トロロッソは各スティントのペース低下が大きく、他チームに比べて大きなデグラデーションに苦しんでいるように見えた。しかしこれは彼らが敢えて狙ってやったことだったという。

 

 その理由は、両ドライバーが若手でありタイヤマネージメントの経験が決して豊富ではないこと。特殊なピレリタイヤが2018年スペックではさらに温度変化に敏感でトリッキーな特性になっており、その扱いを学ぶために必要なプロセスだったという。

 

 メルボルンのパドックでトロロッソのテクニカルディレクター、ジェームス・キーは次のように説明してくれた。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Oct    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930