RACE【レース】

20171004-00

 

 2017年第15戦マレーシアGPは、最速と目されていたフェラーリの2台がパワーユニットトラブルによって自滅。ポールポジションを獲得したルイス・ハミルトンもレーペースは振るわず、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが4周目に首位に立つとそのまま独走勝利を挙げた。

 

 中団勢ではフォースインディアが最上位6位を獲り、マクラーレン・ホンダはストフェル・バンドールンがウイリアムズ勢を抑えて7位を手にしたもののフェルナンド・アロンソはアップデートが不発で11位に終わった。

 

 マレーシアで実際に速かったのは誰だったのか、全ドライバーの全ラップタイムと、全ドライバーのギャップ分布を記したヒストリーチャートで読み解いていく。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Aug    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930