1. HOME
  2. RACE【レース】
  3. 2017 Rd.7 CANADA
  4. 【Rd.7 CAN】レッドブル、低ドラッグ仕様パッケージにMCL32模倣も
2017 Rd.7 CANADA

【Rd.7 CAN】レッドブル、低ドラッグ仕様パッケージにMCL32模倣も

2017 Rd.7 CANADA

RBR-CAN-01

 

 非力なルノー製パワーユニットを搭載するレッドブルは、カナダGPに通常型よりもさらにロードラッグ仕様の空力パッケージを持ち込んできた。金曜フリー走行で新旧両仕様を比較テストし、フロントウイングは実戦採用、サイドポッドは不採用とした。

 

 そもそもメインプレーンはスリット1本で2枚にしか分かれておらず、フラップも控え目に4枚が装備されているだけのレッドブルだけに、基本的なウイング構成は従来型のままながら、翼端板の処理を改めてきた。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。