RACE【レース】

20161015-01

 

 マレーシアGPでのエンジンブローを受けて、メルセデスAMGは日本GPで“対策”を強いられた。これがワークスチームのみならずカスタマーチームのパフォーマンスにも制約をもたらし、予選でのフォースインディアとウイリアムズの後退、そしてハースの躍進に繋がった。

 

 メルセデスAMGHPP(ハイパフォーマンスパワーユニット)は、マレーシアGPのルイス・ハミルトンのパワーユニットに起きたトラブルをクランクシャフトのベアリング破損が原因と公表している。しかしマレーシアGP後にブリックスワースに送り返してから本格的な分析を行なっており、正確な原因究明はまだの状態だ。

 

 そのため日本GPではトラブルを未然に防ぐためMGPHPPは全ユーザーにかなりコンサバティブなモードでの走行を要請した。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2019年5月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Apr    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031