RACE【レース】

20160709-04

 

 フェルナンド・アロンソがQ3に進出して8番手タイムを記録(ターン15ワイドのため記録抹消)したマクラーレン・ホンダだが、ジェンソン・バトンはFP-2のトラブルに続きリアウイング破損によりQ1敗退を喫するなど、不安もある。

 

 マクラーレン・ホンダは金曜日の夜に夜間作業禁止規定(FP-3開始の11時間前から3時間前までの8時間)を破ったが、これはパワーユニット側ではなくマクラーレン側の作業によるものだった。

 

 理由のひとつは、マクラーレン側の準備作業ミスにより金曜午後11時までにパワーユニットの火入れ確認ができなかったこと。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。