RACE【レース】

BCC-T20-03

 

 初開催となるヨーロッパGPの舞台バクー・シティ・サーキットの模様を、コース上の写真とともに詳細にわたって解説する。華やかなバクー市街地の風景とは裏腹に、2.1kmにも及ぶ全開区間と幅6mしかない極めて狭いセクションが共存する特殊なサーキットの様子をチェックしておこう。

 

【メインストレート】

BCC-T00-01 BCC-T00-02

 ピットガレージ前のメインストレートをターン1側から(進行方向の逆向きに)見たところ。カスピ海沿いの4車線の道路をぶち抜いて作られた幅広のコースで、ターン1手前にはメイングランドスタンドが用意されている。

 

BCC-T00-03

 

 路面はスムーズ。充分なグリップレベルがありそうだが、一般的なグランプリサーキットと較べると表面はスムーズで、公道として使用することも考慮してのことだろうとピレリのエンジニアは語る。ただしターン3先やターン8〜11など一部の区間は目の間の構造材が詰まっており、路面コンディションが向上するまではかなり滑りやすいのではないかとの見方もある。

 

 

【ターン1】

BCC-T01-01BCC-T01-02

 ターン1はJWマリオットの手前で左90度のコーナー。入口のアウト側には鉄板の縁石が設置されている。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年5月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Apr    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31