RACE【レース】

20160620-05

 

 ヨーロッパGPでメルセデスAMGのルイス・ハミルトンが「エンジンがあちこちでディレイト(制限モード)になっている!」と訴え、無線規制のためチームからの指示を仰ぐことができず、問題解決のためにステアリングのスイッチ群と格闘することになってしまいました。

 

 この時ハミルトンのF1 W07には何が起きていたのか、解説しましょう。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • tonsukesan
    • 2016年 6月 21日

    いつも貴重な情報、ありがとうございます。
    推察も入っていると思いますが、かなり確度の高い分析ですね。個人的には腑に落ちました。

    さて、今回の件について、現地では、ステアリングモード設定を使いこなせてナンボの世界だよね、なのか。あるいは、無線制限の抑止解除に向かうのか。どちらが趨勢ですか?

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2016年 7月 01日

      これは人によってまちまちですね。ドライビングのアドバイス禁止はいいけど、技術的なことは指示してもOKにすべきだという人もいますし、別に全面禁止のままでもいいんじゃない?という人もいますし。FIA(というかプライドの高い会長さん)は自分たちの掲げたルールを曲げたくないみたいなんで、騒ぎが大きくならなければ無線緩和の声もこのまま立ち消えになると思いますが……。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031