RACE【レース】

20160528-02

 

 前戦スペインGPでフェルナンド・アロンソがリタイアを喫したマクラーレン・ホンダだが、レース後にチームは「システムエラー」と発表していたが、これは必ずしも全てを正確に伝えるものではなく、その原因は様々な要素が絡み合ったものだったことが分かった。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • tonsukesan
    • 2016年 5月 29日

    素晴らしい情報、ありがとうございます。
    ニコの件といい、ドライバーのステアリング設定ミスが致命的となるケースが目立ちますね。これも無線制限の影響なのでしょうか。

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2016年 5月 29日

      ボタン操作はリアルタイムでピット側でも見られるので、もし無線通信の制限がなければドライバーがミスしていても無線で修正を指示することができますからね。

      それと、操作が複雑過ぎるというのもありますね。それを全て理解した上でなおかつ速く走るというのがF1ドライバーの条件になってしまっているので、ほぼ全てのドライバーがそれを当たり前の様にこなしているわけで、ドライビングが簡単だとかいう批判は的外れな気がしますね。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Aug    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930