RACE【レース】

20160518-01

 

 スペインGP決勝では、スタート直後にメルセデスAMGの2台がクラッシュして大きな騒動になりました。その発端となったのが、ニコ・ロズベルグがパワーユニットのセッティング切り替えをミスし、ターン3でパワーを失って失速したことでした。

 

 メルセデスAMGのステアリングとパワーユニットセッティング、そしてロズベルグのスタート手順は、以前こちらの記事(http://members.f1-life.net/race/38888/)で紹介した通りです。

 

 この記事でも紹介したステアリング中央のLEDディスプレイの右側に貼られたカンニングペーパーが、グリッドに就いてからのスタート手順を表わすもの。今回の鍵となったのは『STRAT』、つまりパワーユニットのモードです。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Oct    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930