RACE【レース】

20160408-01

 

 

 インドネシア人初のF1ドライバーとしてデビューしたリオ・ハリヤントは、2戦目のバーレーンGPで初完走を果たした。

 

 チームメイトのパスカル・ヴェアラインの好走が光ったが、その影ではハリヤントも好走。最終的に両者の明暗を分けたのはレース戦略で、第3スティントにミディアムを履いていなければ自身もヴェアライン同様の結果が残せたかもしれないとハリヤントは語る。

 

 GP2でピレリタイヤの経験は豊富で「タイヤ特性はほぼ同じだしある程度理解できている」というが、今季から無線交信によるエンジニアからのアドバイスが大幅に規制されたこともあって、ルーキーにとってはタイヤマネージメントだけでなくレース中のマシンバランス変化への対応という課題も大きいという。

 

ーーF1参戦2戦目にして完走を果たしました。今日のレースを終えた気分は?

「スタートはそんなに悪くなかったし、最初の2スティントはルノーやザウバーと同じグループで戦えたし、楽しかったよ。でも第3スティントはミディアムタイヤで最後まで走り切ろうとしたんだけど、それが上手くいかなくてタイムをロスする結果になってしまったんだ。でもレースを完走して良い経験ができたと思うし、ここからさらに前進していけるよ」

 

ーーどんなことが学べましたか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2019年5月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Apr    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031