RACE【レース】

20151202-01

 

 2015年シーズンが終わりF1はオフシーズンへと突入した。もちろんどのチーム、どのパワーユニットメーカーも2016年に向けた開発にすでに着手しており、これから来年2月中旬のバルセロナ合同テストに向けて開発を本格化させていく。

 

 1年目のシーズンを期待外れな結果で終えてしまったマクラーレン・ホンダだが、もちろん彼らもすでに2016年を見据えて開発を進めている。ディロイメント不足の原因となったTCとMGU-Hの見直し、R&D Sakuraのリソース増強と課題、モービルとの燃料開発。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031