RACE【レース】

20150709_GBR-PIT-01

 

 2011年に改修された新型シルバーストンのピットレーンは、やや特殊な構造をしています。前半部分は通常のサーキットとなんら変わりませんが、後半部分はピットレーンとピットウォールが分断されていて2段式になっているんです。

 

 というのも、最終コーナーのクラブから1コーナーのアビーまでは本コースが上り坂になっていて、ピットウォールはそれに沿って徐々に上っていくかたち。しかしパドックとピットガレージに隣接しているピットレーンは水平で、ピット出口に近付くにつれてその高低差が徐々に大きくなっていくというわけ。鈴鹿のように本コースとピットレーンが同じように傾斜していないんですね。

 

20150709_GBR-PIT-02

 

 上の写真で言えば、右半分(ピットレーン側)は水平で、左半分(ピットウォール側)が少しずつ上り坂になっています。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年5月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Apr    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031