2023

 

ーーアゼルバイジャンのフリー走行は9位という結果でした。

「去年も経験したストリートサーキットでターマックが変わっていることもあって、まずは慎重に組み立てて行って最後に予選に向けて準備を整えていくというイメージで挑みました。フリー走行の最後はトラフィックやタイムの問題で、トップタイムをマークした(オリバー・)ベアマンよりもアタックが1周少なくなってしまいタイムも伸びませんでした。正直、クルマのフィーリングは僕もアーサー(アルトゥール・ルクレール)もトップにいるとは感じられずトップ6かトップ7くらいにいる感じでしたが、予選に向け改善していけばある程度戦えるのではないかと感じていました」

 

ーー予選は17位という結果に終わってしまいましたが、最後に時間切れで最終アタックが出来ませんでした。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。