2022

 

 フリー走行と予選のペースやタイヤ使用履歴から、バーレーンGP決勝のレース戦略と展開を予想・解説していこう。

 

 リアタイヤに厳しいバーレーンでは例年、ソフトを避けてミディアムとハードで2ストップ作戦を採るのが定石となっている。今年は昨年よりも1ステップ柔らかいアロケーションとなっているため、ミディアムとソフトで2ストップ作戦を採るのが主流になるはずだ。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • hanchi brio animation
    • 2022年 3月 20日

    決勝前にタイヤデーターを細かく上げて頂き、感謝です。決勝がより深く見る事が出来ます。ありがとうございます!

    • unicorn712
    • 2022年 3月 20日

    今年は昨年より1ステップかたいアロケーションでは。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2022年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031