RACE【レース】

 

ーー今年は18インチタイヤが導入されましたが、バルセロナ合同テストでのテスト状況はいかがでしょうか?

「テスト内容には非常に満足している。ほぼ全てのチームがC2とC3を中心に走行し、一部はC4タイヤを使ったが、C1とC5はほぼ使用されていない。特にC5はバルセロナには柔らかすぎて理想的ではないからだ。我々としてはパフォーマンスと耐久性を最大限に両立したタイヤを作ってきたし、今後の(マシン開発による)ダウンフォース発生量の増大に対してはこれまで通り最低内圧の引き上げで対応していくことになる。3日目の午後にはウエットコンディションにしてウエットタイヤとインターミディエイトタイヤをテストした。これらは完全に新しい製品であり、その性能と特性を確認することはチームにとっても重要なことだったからね」

 

ーー設計上はどのくらいのデルタタイムを目標値として設定していたのでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • unicorn712
    • 2022年 3月 02日

    気になるのは、去年のモナコやアゼルバイジャンのように、ウォームアップが難しくオーバーカットされやすいサーキットがあるのか。空力、タイヤがどのようにレースに影響を与えるのかたのしみです。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2022年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930