RACE【レース】

 

 第17戦USGPの金曜フリー走行では、FP1でメルセデスAMG勢が速さを見せたがFP2ではレッドブルのセルジオ・ペレスがトップタイムを記録し、ロングランでも好走を見せた。

 

 250km/h以上の高速コーナーが連続するセクター1でプッシュをするとリアタイヤがオーバーヒートし、ターン11ではすでにリアのスタビリティが乏しい状態になる。

 

 さらにバックストレートでは走行風でフロントタイヤの表面温度がどんどん失われ、ターン12からの中低速セクションでは極端にリアが不安定な状態になりやすい。ここをデフやブレーキバランスのセッティングで対処しつつ、1周の中でセクター1でどこまでリアタイヤをセーブし、セクター2〜3までタイヤグリップを維持してアタックラップを最良の妥協バランスでまとめ上げるかということが重要になる。

 

 特にソフトタイヤはオーバーヒートしやすく、アタックをまとめるのは難しい。

 

 バンピーさが懸念された路面だが、ターン3手前、ターン5手前、ターン6の中間など中高速コーナーの途中に路面の凹みによるバンプが残っているものの、全体的には改善しており走行に大きな影響を及ぼすほどのバンプは消滅している。

 

 FP2での計21のミニセクターごとの最速をまとめたのがこちら。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Nov    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031