REGULAR【連載】

 

 ドイツGPではウエットコンディションの中でランオフエリアのターマックが極端に滑りやすく、コースオフするマシンが多発してその路面のμ(摩擦係数)が問題視されました。

 

 ホッケンハイムリンクで言えば、最終コーナーに限らずターン1やターン2、ターン6など多くのドライバーが当然のように縁石やターマックのランオフエリアを使って走行しています。それはこうしたエリアのペイントが通常のペンキではなく、スリップ対策を施したμの高いアンチスリップペイントが使われているからです。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Aug    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30