RACE【レース】

 

ーーアブダビGP金曜フリー走行はトップ3台が全てソフトタイヤでベストタイムを記録できないという不思議なセッションになりました。

「我々にとっては比較的単純な金曜日だったよ。FP1はまだ陽が出ていて良いコンディションとは言えないが、特に問題のないセッションだった。FP2は2021年型タイヤを各車1セット使い、それぞれが8周の計測ラップを行なった。これは我々にとっても非常に有益なテストとなったし、良いフィードバックが得られたよ。その後にいつも通りのショートランを行なったわけだが、マックスはソフトタイヤでのアタック1周目にロングラン中のセルジオ・ペレスに引っかかってしまい、アタックを完了することができなかった。第1セクターではベストを記録していたんだけどね。それでも堅調な金曜日だった。アレックスはミディアムのアタックラップはトラックリミット違反でタイムが抹消されてしまったが、ソフトタイヤの方はきちんとクリーンなラップでタイムを記録することができたね」

 

ーーフェルスタッペンとアルボンの差は0.2秒しかありませんでしたが、フェルスタッペンはミディアムタイヤでのタイムでしたね。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。