RACE【レース】

 

 6月22日、FIA F2の第5戦ポールリカールラウンドは45分間のフリー走行と30分間の予選が行なわれた。FIA F2は開幕前にここポールリカールで公式テストを行なっており、FIA F2としてはレース初開催とはいえチームもドライバーもコースには慣れている。

 

 予選セッションでは1回目のアタックでトップに立ったジョージ・ラッセルが2回目のタイムアタックでさらに自己ベストを更新してポールポジションを獲得。フリー走行ではトラブルに見舞われて大幅に時間を失う不利を背負ったアレックス・アルボンが0.166秒差の僅差で2位、選手権リーダーのランド・ノリスが0.312秒差で3位に入った。1回目で2位につけていたニック・デ・フリースは2回目のアタックで失敗し8位に留まった。

 

 フリー走行で19位・20位と低迷した日本勢は、予選でも苦戦。それでも牧野任祐は1回目のアタックで11位につけていたが、2回目のアタックでタイムを更新できず16位に終わった。1回目のアタックで13位だった福住仁嶺は、2回目のアタックで0.130秒しかタイムを縮めることができず18位に終わった。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031