2016 Rd.1 AUSTRALIA

20160318-01

 

 開幕戦オーストラリアGP金曜日は雨が降ったりやんだりの難しいコンディションとなった。おかげでどのチームも有益な走行ができず、まだ勢力図がハッキリと見えてきたとは言い難い。

 

 そんな中でマクラーレン・ホンダの2台はFP-1では7位・8位、FP-2では6位・7位という好位置に付けたが、ホンダの長谷川祐介F1総責任者にその手応えを聞いた。

 

ーー開幕戦オーストラリアGPの初日が終わりましたが、コンディションが良くなくて充分に走り込めなかったという感じですか?

「そうですね、今日は最終レース仕様でクルマのパフォーマンスを確認したかったんですけど、ハッキリ言ってこれでは全く分からないという状況ですね(苦笑)。ドライバーも『これじゃ走る価値がない』と言うくらいのコンディションでしたから。そこは残念でしたね」

 

ーー今日はどのようなプログラムを想定されていたんでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2022年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930