RACE【レース】

20140826-01

 

ーーウエットレースになりましたが、コンディションは厳しかった?

「いや、ペース的にはホッケンハイムのウエットの時よりも全然調子良く走れていたような気がします。それはセッティングの問題だと思いますけどね」

 

ーースタートはあの雨の中でスリックで出て行った?

「はい、死ぬかと思いましたよ!(笑) もうね、雨量が多すぎて前が見えないんです。水煙で見えないっていうのはよくあるけど、目の前に降ってくる雨の量が多すぎて見えない(苦笑)」

 

ーーあんなに早く降ってくるとは予想してなかったんだ?

「ラスト15〜20分に降ってくるから、そこまではハードタイヤで引っ張ろうっていう戦略だったんですけど、1周目にいきなり降ってきちゃったっていう(苦笑)。僕の周りは全員ウエットタイヤを履いてたんで、なんか様子がおかしいなとは思ったんですけどね」

 

ーーギャンブルしたのは、どうせ最後尾スタートだから失うものもないし?

「うん。まぁ結局赤旗になったんで別に何も問題はなかったんですけどね」

 

ーーレースが再開されてからはコンディションは悪くなかった?

「一番後ろの方を走っていたから最初の何周かは何も見えなくてどこを走ってるのか分からないくらいだったんで、水が捌けてくるまでは少し様子見で行きましたね。それからはペースを上げていって、そこそこのペースでは走れたと思いますね。ずっと誰かの後ろにいたんで本来のペースではなかったんですけど、それでもちょこちょこ抜きながら上がってはいけましたね」

 

ーーで、最後は佐藤公哉とのバトルになって、ラスト2周で抜いたよね。

「プーオンで抜きました。なぜだかわからないけど、僕はあのコーナーだけ異様に速かったんですよ。だからセクター2では追い付くんですけど、ブレーキがダメでロックしちゃうんであまり攻められなくて、セクター1とか3のストレートエンドで仕掛けられなかったんですね。だからセクター2じゃないと抜けないなと思って、コーナーで抜こうと狙っていたんです。もう、1コーナーとかシケインで何回キミヤに追突すると思ったことか(苦笑)」

 

ーー昨日はクルマのフィーリングには手応えがあったのに、それからするとこの結果はガッカリ?

「まぁ、予選で失敗しちゃったからしょうがないですよね」

 

ーーでも最後尾からでも入賞はできるんじゃないかと言っていたじゃない?

「ドライならね。雨だと何が起きるか分からないから……」

 

(text by 米家 峰起 / photo by Wri2)

 

 

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031