1. HOME
  2. RACE【レース】
  3. 2023
  4. 【2023 Rd.8 ESP】T・ウォルフ代表「レッドブルとの差は実質15秒。これをベースに開発を進めていける」
2023

【2023 Rd.8 ESP】T・ウォルフ代表「レッドブルとの差は実質15秒。これをベースに開発を進めていける」

2023

 

ーースペインGP決勝は2位・3位という結果になりました。今季初のダブルポディウムです。

「チームのハードワークをとても嬉しく思うよ。我々はマシン開発において異なる方向性に進むことを決断し、非常に多くのパーツを開発し投入してきた。理解が十分なままで投入するのはある意味でリスキーな行為でもあったが、チームの全員が全力を尽くし素晴らしいマシンを作り上げたんだ。シーズン開幕当初に新車が果たしているべき進化を遂げておらず上手くいかなかった時点で、大きく見直さなければならなかった。パーツを設計し、製造し、その全てをこうしてマシンに投入し前進させたチームは本当に素晴らしい仕事をしたよ」

 

ーー今回の2位・3位という結果はどのように評価していますか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. unicorn712

    リアタイヤに厳しくない、かつ高速コーナーの多いサーキットなら結果が伴っているイメージです。一方で、リアタイヤに厳しいストップアンドゴータイプは苦手なイメージです。
    トトは気温が味方したとと言ってますが、低い方がマネジメントしやすいんでしょうか。

    • MINEOKI YONEYA

      それが新しいパッケージ(主にフロア)でどこまで改善できているか、カナダはかなり真価が問われるでしょうね。

コメントするためには、 ログイン してください。