RACE【レース】

 

 2022年の第9戦カナダGPはポールポジションのマックス・フェルスタッペンがレースをリードし、9周目のVSCでピットインして2ストップ作戦に変更。

 

 そんなカナダGP決勝のレースペースを分析していこう。

 

 全ドライバーの全ラップタイムをグラフ化すると以下のようになる。横軸が周回数で、縦軸はペースで上に行くほどペースが速い。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • unicorn712
    • 2022年 6月 22日

    やはり、トップ3チームのレッドブル、フェラーリ、メルセデスAMGという構図になりつつありますね。
    実質トップ2チームだった去年と一昨年に比べて、中団勢が表彰台やそのトップに立つのは、今年に関しては難しそうです。イモラのノリス以外は、今のところ立ててないですし。

コメントするためには、 ログイン してください。