2021

 

ーーメキシコシティGP予選はやや不本意な結果に終わりました。

「フリー走行ではトップ8にホンダ勢4台が入りレッドブルも非常に力強い走りをしていたんですが、予選ではちょっと難しい展開になり狙っていたポジションでは通過できませんでした。それでもガスリー選手が好調でホンダ勢としては3位・4位・5位となり、角田選手も元々ペースが良く3戦連続のQ3進出ですし、他チームのドライバーが多々ペナルティを取りに来ている中で彼らと戦ってその中の最上位でスタートすることになり、予選の中ではガスリー選手にトウを与えて引っ張るというチームプレーもしました」

 

ーーメルセデスAMGが予想以上に合わせ込んできたからなのか、レッドブルが速さを失ったのか、どちらでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2022年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031