RACE【レース】

 

ーートルコGPの初日は全体的に厳しい出だしとなりました。

「去年は新舗装でグリップが低く、雨まじりでかなり滑りやすい状況でしたが、今年は路面グリップが大幅に向上しているのがFP1の走り出しから分かる状況でした。ホンダ勢4台ともに想定していた状況よりも大きく変わっているということで、FP1の中、そしてFP1からFP2に向けてセッティングを変えながら車体、パワーユニットともに煮詰めました。グリップが違うことでパワーユニットの全開率も想定よりも高くなっていて、パワーユニットの使い方やエネルギーマネージメントも含めてセッティングを進めました」

 

ーー全開率が高かったというのは、どのくらいの度合いだったのでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年10月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Sep    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031