STORE【ストア】

ITEM2014-0028

 

 ケータハム加入発表から1週間。ヘレスに姿を見せた小林可夢偉に、F1復帰決定からテストに至るまでの数日間の様子を聞いた。すでにシミュレーターで作業を開始しているとはいえ、準備は充分ではないという。

 

 このチームに対する期待と感触は? 可夢偉の言葉と態度からは、経験と“気持ち”で引っ張っていくというチームリーダーとしての役割を強く意識していることが感じられた。

 そして、F1から離れていたこの1年間で小林可夢偉は何を思い、どんなことをして、どう進化したのか。私の関心はそこにあった。それを可夢偉本人の口から聞いてみたかった。いつものように照れてはぐらかすかと思っていたが、予想に反していつも以上に素直に語ってくれたように感じられた。

 

 スクーデリア・フェラーリの一員として参戦したGTレースで得たもの、そして精神面での進化。それを自信の源として、可夢偉は2009年の最後にトヨタでチャンスを掴み取ったあの時と同じような純粋な気持ちでこの2014年のチャンスに臨もうとしている。

 

ITEM2014-0028_ページ_03

 『F1LIFE』新書 No.110 

  •  著者:米家峰起
  •  発行日:2014年9月30日
  •  ページ数:16
  •  文字数:4765文字
  •  データサイズ:5.9MB
  •  データ形式:PDF(PC、iPad/iPhone、Android対応)
  •  ダウンロード価格:150円(税込)

 

 初出:http://members.f1-life.net/report/2900/

    http://members.f1-life.net/report/2908/

 

 この商品の購入は、こちらF1LIFEストア』をご利用ください。

 

 『F1LIFE』プレミアム会員の方は無料でダウンロードが可能です。

 【プレミアム会員専用ダウンロード

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年1月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031