REPORT【報道】

20171103-01

 

 2018年は福住仁嶺と牧野任祐をFIA F2選手権に参戦させようとしているホンダの育成プログラムHFDPだが、すでに有力チームのシートは埋まってしまい厳しい状況に追い込まれているのは既報の通り。しかし山本雅史モータースポーツ部長が急きょメキシコGPの現場に飛び関係者と交渉を行ない、来季の陣容が固まってきたようだ。

 

 山本MS部長本人を直撃し語ってもらった。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • ManGok
    • 2017年 11月 04日

    松下選手は重ね重ね残念ですね…
    日本で目が覚めるような活躍が見られることを期待します
    牧野、福住両選手には、夢を見せて欲しいですね!

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2017年 11月 08日

      ノブにはぜひとも発奮して日本でぶっちぎってもう一度再評価してもらえるように頑張ってもらいたいですね。いずれにしても、若手が実力を遺憾なく発揮できる体制をきちんと整えてあげて欲しいですね。

コメントするためには、 ログイン してください。